2011年06月29日

『スパンキングでダイエット?』VOL1

「はぁ〜・・ルームランナーにそれと・・
エアロバイクにぃ〜、どれも、これも部屋を
狭くする割には毎月の支払いが増えるばかりで
一向に体重は減らないわぁ〜、やっぱり・・
これしかないわ!1食、置き換えダイエットを
とりあえず1回から2回に増やして・・さらに
いつも飲んでる、この漢方の下剤も増やそ!」

千絵は去年の暮れから付き合い始めた彼と
今年初めて迎える夏を目前に、なにがなんでも
思いっきり痩せようと堅く自分に誓いをたてた。
それは、彼の何気ない一言からだった・・

2ヶ月前・・

『今年の夏さぁ〜、江ノ島あたりに行かない?
そうだ!千絵の誕生日・・1月だったよねぇ〜
付き合い始めて直ぐだったし・・僕もその時は
大した事、してあげられなかったよね?うん!
水着でもプレゼントしてあげるね!サイズは・・
S?じゃ〜ぁないな・・Mなら平気だね!』

失礼ね!女性にサイズを聞くなんて・・
でも・・Lサイズだとも言いにくいしぃ〜


「あのね・・私、こう見えて、Sサイズなのよっ!」

『そ・・そう?・・だったんだね・・ごめん。
お詫びに飛び切り高い水着を奮発すっからね!』

<数日後、タイミング良く・・彼は関西へ
そして・・パパも2ヶ月ほど海外へ出張に>

あぁ〜あ、あん時・・せめてMって言えば・・
せっかく買ってきてくれた水着をサイズ違いで
返品。なんてのは絶対に嫌だし、とほほ、だよ


6月28日の夕方・・

『ただいまぁ〜、千絵ぇ〜、いるんだろぅ〜?』

はぁ〜いっ!いま、いきまぁ〜す♪
パパ、おかえりぃ〜!早かったねっ!

『お・・お帰りって・・千絵だよね?』

他に誰がいるって、言うのよぉ〜。ここの
マンションはパパと私の二人暮らしでしょ!
ああぁ!これ?この服は確か・・私が中学生の
時にパパが買ってくれたんだよねぇ〜?へへっ
凄いでしょ?また、着れる様になったんよぅ〜

<千絵は数年前の誕生日にどうにかパパに拝み
倒して買ってもらったワンピースを着て出迎えた>

『お・・お前・・まさか?病気でもしたのか?
と・・とにかく荷物を部屋に置いて来るから』

”なんだぁ!これぇ〜!”

「あぁ〜・・それね・・ちゃんと払うからぁ〜」

(やば・・カード会社(家族カード)の請求書
今日、家に届くんだった・・ポスト見なきゃ!)64

<千絵は慌てて玄関のポストの中身を確認に
行ったがすでに、パパが持ち去った後でからっぽだった・・
カード会社の請求が、まだ配達されていない事を
祈りながらリビングの扉を開けると・・

『千絵・・お部屋にいろんな”おもちゃ”が
あったが、もしかして?この、198000円と
79800円と・・あと・・なんだぁ?この・・
何とか。。食品会社の2万4000円って?』

おもちゃ、とかじゃ〜ないもんっ!それに・・
ダイエット食品よっ!健康食品の事よぉ〜!

『何が?健康なんだぁ!そんなにガリガリの
体になってっ!もしも?お母さんが、生きていたら
なんて言うかなぁ〜、情け無いやら空しいやら』

別に良いじゃない!どうせ、毎月支払いすれば・・

ぱぁんっ!! うわぁ!

<その時だった、パパは請求書の紙をテーブルへ
叩きつけた。千絵は思わず自分の頬を叩かれたのか
と思い、両手で自分の頭を押さえた・・>

『パパが一度だってお前の顔を叩いた事があるか?
女の子のお仕置きはお尻へするに決まってるだろっ
それから、言っとくけど。この請求書、リボ払いの
指定には、なっていないよ。・・お尻・・だな?』

VOL2へ続く
こちらはスパンキーポイント700Pによる
リクエストストーリーでVOL7まで続きます。
尚、スパンキーメンバー様の承諾により
「ママのお仕置きは膝の上」でも公開中!
※メール配信はされませんのでご了承下さい
ラベル:女の子向け
posted by kanti at 03:05| 神奈川 ☀| オーダー連載小説など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする